ブログネタ
星に願うとしたら? に参加中!
asagaokengyuka。七夕~☆☆☆☆☆

いろいろな祭日のなかで私は七夕が一番好きなんだけど、なんでだろ…。 晴れ着なんて誰も着ない七夕だよ。費用の掛からないのが七夕の好ましい点? そんなこと誰も思ってないよね。

今年は朝顔の種を蒔いたよ。どこにでもある朝顔。プランター園芸は野菜と果樹と決めてたけどね、朝顔は特別。牽牛花っていうのです。朝顔の別名。やさしい姉妹の伝説から生れた牽牛花。

七夕の主役は織姫と牛飼いだけど、牛飼いは牽牛のことで、彦星は牽牛星とも云う。名前に牽牛がついた朝顔に織姫をイメージしてしまう私、牛飼いが愛してそうな花ということで牽牛花に織姫を重ねてしまう訳。

それで、星に願うとしたら?私は星に願ったこと一度もない。たとえそれが話題づくりでもです。七夕の星空を観たら織姫・彦星の幸せを祈りたいし、星は夜空でいつも輝いてほしい…ぁ、これも願いなのかな!?

仰げばいつも満天の星が臨めたら好いのにな。私が子供のころは澄んだ田舎の空に無数の星が輝いていた。その星が瞬くのですけどね、あなたもご存知だろうか!? 都会では望めない瞬きなんだ。

旧暦でいうと今年の七夕は8月13日になるようです。梅雨は疾うに終って、満天の星の瞬きもいっそう際立つ田舎の七夕…でしょう。宇宙が息づいているのが自分の目で直に感じられるのはやっぱり嬉しい。

そしてきっと私の
牽牛花は窓を蔽い隠すように咲き誇っているだろう。赤・朱・紅、赤色にも何十とおりの色があって、それは青色も黄色も白色もどうようで、それを今から楽しみにしてる私。

宇宙も大地も何もかも色とりどりの輝きに鏤められて美しくあって欲しいと、祈っている私なんです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆